女子高生まとめ
妻が近所のヤクザにレイプされて情婦にされていた・・・・・

この前、私は妻から衝撃的な告白を受けました。
私の妻がヤクザの情婦にされてしまたのです。
妻は31歳、168センチ、肉感的な体をしています。
内容は、ある日マンションの回覧を届けに5軒隣の部屋に行った時、その部屋の男に犯されてしまったのです。

その男は、お茶でもどうぞと部屋に招き入れ、妻も毎日の挨拶で顔は知っていたので安心して、近所付き合いと思い、部屋に上がってしまったそうです。
お茶を飲みながら30分くらい世間話をして、油断したところで、ソファーに押し倒されたそうです。
その頃、私は何も知らずに会社で仕事をしていて、8時間近くも犯され続けていたそうです。

その日以来、真面目な妻は誰にも相談できず、平日は殆ど毎日その男の要求に応え、半年も抱かれ続けていたのでした。
間抜けな私は半年もの間、妻がその男に抱かれ続けていたことに気づかなかったのです。
自分と妻がこんな災難に遭うとは夢にも思っていなかったのです。
私がもっと注意していれば気が付いた筈なのに・・・。

妻の顔立ちは整っていて、年より若く見えるのですが、私と同じでお洒落には余り気を使わないので目立ちません。
ましてや服装や性格も地味で、化粧もろくにしないので尚更です。
髪をヘアマニキュアで栗色にしている程度で、髪はいかにも主婦と言う感じに後ろに縛っています。

犯された日に、私は妻の様子が何時もより沈んでいるので、どうしたのかと問いただしたのですが、「何でもない」と答えるだけでした。
妻はもともと大人しく、おっとり型の性格なので、私はあまり気に止めずに寝ました。
それから1ヶ月後、妻の格好や服装に徐々に変化が表れました。

ある日、会社の残業で遅くなった私が家に帰ると、妻の首と豊満な胸元にキラリと光る物が、白いTシャツの中に有るのに気づきました。
ネックレスでも買ったのかと思い、風呂から上がった後、妻との一週間に一度の夫婦の営みを始めました。

Tシャツを脱ぐと、妻の胸元には金色の大小のネックレスを二本していて、一本は中ぐらいの長さで脇の下あたりまで、もう一本はそれより長くて少し太めのチェーンが乳房の下当たりまで垂れていました。
更に右腕には金色のブレスレットをしていました。
ジャラジャラとした、バブルの昔に流行ったようなコインとメダルのネックレスです。

私は「高そうなの買ったね?幾らしたの?」と聞くと、妻は「メッキの安物よ」と答えました。
もともと、私も妻も服装は地味で、アクセサリーや貴金属類には殆ど関心も興味も無く疎いので少し変だなと思いましたが、“妻も少しお洒落に目覚めたのかな?”程度にしか思わず、その夜は気にせずに寝ました。

打ち明けられた後に知って驚いたのですが、金メッキでは無く純金で、このネックレス2つとブレスレット1つだけで60万円もしたのだそうです。
とても年収560万の私では、買ってあげられるような代物ではありません。
そして、私は会社から一ヶ月くらいの出張を命ぜられました。
出張中は土日も含めて毎日抱かれて居たことも知らずに・・・。

出張先から週に一回くらい電話連絡をしたのですが、自宅の電話には出ず、携帯に電話すると「友達と飲んでる」と言う答えが返って来たので、私は何も疑わずに信じていました。
出張から帰った私は妻の変化に驚きました。
妻が犯され2ヶ月くらいで、化粧も濃くなり、服装もドンドン派手になり、3ヶ月目頃には髪も明るい濃い茶髪になってしまいました。

スカートも滅多に履かないのですが、スカートを履くようになりました。
出掛けるときもミニでは有りませんが短めのスカートを履いて出掛けるようになり、妻は「イメチェン」だと言っていました。
もう殆ど飲み屋のネーチャンの様な感じです。
私は妻が綺麗になるのは嬉しかったのですが、ちょっと心配になって来ました。

更に、セックスする時は、コンドームを付けなければ応じてくれなくなりました。
何故なのかは、後で知りました。
妻の心から私を引き離そうとしていたのです。
私は会社の仕事が忙しいシーズンで、帰りは早くても夜の8時、遅いと10時位でしたので、妻が私の居ない間に何をしているのか全く知らずに居たのです。

この頃には妻の外泊も少し多くなっていて、何時も友達の家に泊まったとか、同窓会だ、飲み会だと言いながら、派手な服や胸の谷間の見える服や体のラインを強調した服と、ジャラジャラした光り物の貴金属類に身を固めた格好で、出掛ける事が多くなりました。
妻の貴金属類のアクセサリーがかなり増えて来ましたが、私はそうゆう物に興味も無く疎いため、値段がそんなに高価な物だとは、夢にも思わなかったのです。

私は妻を信じていました。
時々、悩んだような暗い顔をしていましたが、聞いても「何でも無い」と答えるだけ。
妻が犯されて半年近く経った時も、私は仕事が忙しく、あまり気にしていませんでした。
しかし、余りにも外泊が多いので、訳を問いただしました。
妻は「ご免なさい」と謝るので、少し外泊を控えるように注意しました。

しかし若干、外泊が減った程度で、週に一回は外泊していました。
犯したヤクザに気に入られた妻は、平日の昼間は殆ど毎日ヤクザの部屋に呼ばれ、一日中抱かれたり、男が妻を連れて買い物に出掛けたりしていたのです。
時には、私達の部屋の夫婦の寝室で妻を抱いていました。
端から見ると殆ど、恋人か夫婦のような状態だったのです。

妻の服装や格好が派手になったのも、光り物のネックレスや貴金属類がドンドン増えてきたのも、そのヤクザの好みである事、そして犯された事の口止めと、奴隷として抱くために買い与えていたのです。
自分の女だと、妻に自覚させようとしたのかもしれません。
更に、その男の知り合いが経営するクラブで妻は、枕ホステスとして働かせられていました。

週に2回程度、クラブのホステスとして働かされ、客に気に入られ、体を求められた時は断ることは許されず、そのまま枕ホステスとしてホテルで抱かれる事を妻を犯した男に強要されて居ました。
客にホテルで抱かれていたので妻の外泊が多かったのです。
週に2回程度のクラブ勤めで、三十路ホステスですが、おっとりした性格と豊満な胸で100%絶対にやらせてくれる妻は人気者でした。

ましてや、店の宣伝と売り上げを上げるために、常連客には初めからタダで誰とでもすぐ寝る女、枕ホステスとして宣伝されていたために、妻の出勤日にはあっと言う間に指名客が何人も来たそうです。
店名を変えてリニューアルオープンしたので、何人かやらせるホステスが居ると客の間に“やれるホステスが居る店”として噂になり、店は賑わうそうです。

クラブへ出勤して、客とセックスをしない日は無かったそうです。
出勤日に指名が数人重なってセックス出来ない場合は、店に出勤しない平日の昼間にホテルで抱かれていました。
そのクラブで働いた給料も払われずタダ働きです。

クラブ勤めをしない日には、時々別の何処かの組の何人ものヤクザ客の接待に使われ、背中に絵の描いてある中年親父ヤクザの性欲処理肉便器として差し出されてました。
ヤクザは、他の地方から来たヤクザをもてなす時は女をあてがったりする事があるそうです。
中年ヤクザに気に入られた妻はその後も呼び出され、接待用の玩具にされました。

いつしか妻は快感に感じるようになってしまいました。
しかし、間抜けな私はそんな事には全く気づいていませんでした。
私が気づいたのは、妻が派手で綺麗になった事、貴金属類のネックレスやブレスレット等の光り物が増え続けていることくらいでした。

その時期の妻の日課は、朝起きて私を会社に送り出した後に同じマンションの男の部屋に行って夜まで抱かれるか、或いは一緒に派手な格好で外出することでした。
クラブ勤めのある時は、その男に抱かれてからクラブへ出勤し、仕事が終わると店の客にホテルで抱かれることでした。

中年ヤクザに呼び出される日も、マンションの男に抱かれた後、中年男と逢い、性欲処理の玩具として抱かれていました。
3Pも何度か経験したそうです。
時には、土曜や日曜に、私と一緒に居るときでも携帯のメールが入ると「女友達と飲む事になった」と言って、慌てて派手な格好をして出掛けて行く事もありました。

勿論、同じマンションの男に連れられて買い物に行ったり、ホテルで抱かれたり、或いは接待に連れて行かれたりしていたのです。
そして、ある晩に私は妻の体の異変に気づきました。
セックスをしている時、最初は気のせいかと思ったのですが、妻のアソコが緩くなっている事に気づきました。

半年前までは、妻のアソコに指を3本入れるときつくて、妻も痛いから辞めてくれと言っていたのですが、指を3本居れても痛いと言うどころか、簡単に入ってしまい、更に指を4本入れても痛いとは言いません。
更に、指4本を痛いんじゃないかと思うくらい激しく出し入れしても痛がらず、大きなよがり声を上げて潮を噴くようになっていたのです。

子供を産んでいないのに何故と思ったり、年のせいかとも思ったりしたのですが、そんな急に締まりが悪くなるのはおかしいと思いました。
緩くなったのは当然でした。
私の妻は、セックス経験人数が少なく、私を入れて僅か5人程度でした。

それが、同じマンションのヤクザに犯されてから僅か半年余りの間に最低でも100人以上の男と経験させられ、一気に経験豊富なベテラン女になってしまったのです。
色んな男の大小様々な逸物を挿入され、極太バイブやローターまで入れられれば、緩くなって当然かもしれません。
テクニックも上達し、特にフェラチオと騎乗位が上手くなりました。

今までとは、フェラテクが明らかに違いました。
元々フェラはそこそこ上手でしたが、バキュームフェラをしたり、焦らしたり、玉舐めやアナル舐めなどの風俗嬢の様な事はしたことが無かったのです。
騎乗位や背面騎乗位も格段に上手くなり、ソープ嬢並のテクニックで、私はすぐに射精してしまいました。

妻を犯したヤクザに調教されたのです。
何回か、シャブ入りの酒を飲ませされてセックスしたり、水に溶かしたシャブをアソコに直接入れられて、セックスした事まであるそうです。
体もアソコも熱くなり、セックス無しでは居られなくなり、何倍もセックスが気持ち良いそうです。

テクニックが上達し、気持ちが良いのは結構なのですが、私はその時にやっと“妻が浮気しているのでは?”と疑いました。
しかし、アソコの締まりが緩くなっている事と、服装と格好が派手になった事だけでは証拠にならないと思った私は、妻に浮気の事を問い詰める度胸はありませんでした。

私はベッドで「最近、お前のアソコが緩くなってきたな」と言うと、妻は一瞬表情が変わりましたが、妻は「失礼ね!」とちょっと怒っていました。
それから一週間後に、衝撃の真実と事実を知ることになりました。
金曜の夜、私が仕事から帰ると妻が深刻な顔で、「話がある」と言ってきました。

妻は泣き出し、謝りながら、半年前にレイプされたこと、それ以来その男との関係が毎日の様に続いて居ること、調教されたこと、枕ホステスとして働かされていること、ヤクザの接待で性欲処理女として差し出されていること、貴金属類はその男からプレゼントされた物である事、私とのセックスでコンドームを付ける理由等の全てを話しました。

妻もかなり悩んでいたようですが、男に私と離婚して風俗で働くように言われたそうで、私を裏切り続ける事への罪悪感に耐えられなくなり、私に全てを打ち明けたのでした。
衝撃の告白を聞いた私はショックが大きく、頭の中が真っ白になり固まってしまい、暫く声が出ませんでした。

私は信じたくはなかったのですが、今までの話と妻の最近の素行を考えると、全ての疑問や辻褄が合い、真実が一本に繋がったのです。
私は次第に怒りが込み上げてきて、妻の頬を平手で殴りました。
「何故もっと早く言わなかったのか?」と問いただしたのですが、最初に犯された時に感じてしまい、失神してしまったそうです。

その日に何度も犯され、潮まで噴いて感じたそうです。
犯されながらも必死に感じまいとしたそうですが、しかしその男の肉棒には真珠が埋めてあり、感じまいとしても無駄だったようです。
そして気が付くと自分から舌を出し、腰を動かしているもう1人の自分が居たそうです。
そして1ヶ月間も中出しだったことも・・・。

幸い妊娠はぜず、それ以降はピルを飲まされていたそうです。
犯されてるのに体は見事に妻の心を裏切り、感じた事への罪悪感から私には言えなかったそうです。
これっきりにしてくれと頼んだそうですが、次の日に私が出勤した後に男が部屋まで来てしまい、拒めずに抱かれたそうです。
それからは、携帯も知られ、平日は毎日その男の部屋に呼び出され抱かれるようになったのです。

ネットに背中を押されてソープで脱童貞した 後悔はしていない
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧