女子高生まとめ
美少年だった僕が男子の性欲の餌食にされてた頃の話・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

今から20年くらい前、僕は小5でした。
当時かなりの美少年で、髪の毛は長くサラサラ、女の子のような男子でした。
そんな僕ですから女の子にもよくモテました。
でも、モテたのは女の子ばかりじゃなかったのです。

ふたつ年上の男のいとこに、しょちゅう性的いたずらをされていました。
いとこが週末になると家に泊まりに来いと誘うのです。
幼馴染ですから泊まったりはよくあったのですが、彼が中一になった頃から私はいたずらされていました。

いとこは中一ですが、体が大きく、もうチンポに毛が生えていてデカイものをもっていました。
そんな男ですから、女の子のような僕はいい性処理でした。
事の始めはよくドラマなんかでのベッドシーンを見た後、「俺たちもさっきみたいにしてみよう」とベッドの上で体を弄ります。

最初の頃はただ抱き合ってるだけでしたが、そのうち「キスしてみよう」と言われ、キスされました。
最初はチュッとするだけでしたが、だんだんと激しくなり、舌を絡めたディープキスばかりになりました。

僕は最初嫌がりましたが、逆らえない怖さが彼にはありました。
そのうち服も脱いで全裸で抱き合うようになりました。
ふたりでキスをしながら抱き合ってると、突然彼が「ウッ」と言うと、僕の太もものあたりに射精しました。
僕は小5で純情でしたから、初めて射精というものを見ました。


「フェラしてくれ」とも頼まれましたが、それはさすがに断りました。
ただ手コキはしてあげました。
そんな関係が何年も続きました。

いとこに本当の女の子の彼女ができ、僕から離れていきました。
やがて僕は高一になりましたが、相変わらずの美少年でした。
そんな自分が嫌で、あえて男子高に入学しました。
それが返って悪かったようでした。

男子高で女の子みたいな僕は周りの男から性的いたずらをされました。
体育の時間になるとマットの上に寝かされ、正常位の格好や、バックの格好で突きまくるんです。
もちろん服は着たままだし、それ以上のことはないですけど、入れ代わりに男が突いてきました。

中にはイってしまったのか、トイレに駆け込む男もいました。
僕はもう抵抗もせず、好きなようにしてくれと思ってました。
ある日、トイレに入ると上級生の体のでかい男がいきなり僕のズボンの中に手を入れ、お尻を弄りました。

凄い力で押さえつけ、僕は少し怖くなりましたが、僕はもうこんなの慣れっこですから、いたずら心で女の子みたいに男の首に手を回し抱きつきました。
上級生はもう興奮して僕にキスを迫ります。

僕は「あぁ気持ち悪い」と思いましたが、キスしてあげました。
いやらしい舌を絡めたディープキスです。
上級生は初めてのキスなんしょう。
心臓が飛び出しそうな顔をして、僕の手を自分のチンポにもっていき「しごいて、しごいて」と迫ります。

僕はキスをしながらズボンの上から擦ってあげました。
すぐにいったようです。
僕は放心状態の男をトイレに残し、出て行きました。

そんな美少年の僕もやがて男っぽくなり、そんな男からのいたずらもなくなり、少し寂しくなった覚えがあります。
僕は今、子供三人の良きパパです。
今は美少年の面影はありません。

10年前に処女を捧げた彼と再会して燃え上がった私
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧

Warning: Unknown: write failed: No space left on device (28) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0